氷が溶ける

昨年2月、本を書きました。
その本の中にいる兄。
現実の世界では
もうずぅーっと、連絡がなくて…
一緒に笑える日がまた来ればいいなって思ってた。

その兄から数年ぶりに弟に連絡。
でも、弟は電話に出れなくて…
そしたらね、なにを思ったんだろ?
継母に連絡してきて、父に会いに来たって。
そして、2時間近く二人と話して帰って行ったって。

本を書いたから、本の中にも願ったから
兄に思いが届いたのかなあ。
神様が?誰かが?なにかが?
兄を動かしてくれたのかなあ。
全然関係ないかもだけど…

兄が父と話した。
すっごいことだよ。
嬉しい涙がいっぱい。

元旦の日にそれを聞けた。
もう後押ししてもらってるとしか思えない。
行けぇー❣️

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    やっぱり簾てたよ

    次の記事

    また一つNew!!