また一つ

お正月、父の顔を見に実家へ
もうすぐ90歳になる父は
自由には動けなくなっている
そんな父が眠るベッドを覗き込み…声をかける
横から継母が「誰かわかる?」って変な声をかける
(それぐらい弱ってるんだなあ…)

父がか細い声で
「言うこと聞かん子やろ」って答えた

「えっ?あたし?」
いやいやいやーーー
「言うこと聞かん子」やったけど…

その一言に父の、もうきっと昇華されたんだろう
苦しみが溢れてて

「言うこと」聞いたってたらなあ
って
父を苦しめたあたしの思いも溢れ出して

ああ、持ってってもらったって思えた
まだ生きてるけどね

父のその一言が
一緒に過ごせる今のあたしと今の父の幸せも
教えてくれた

言うこと聞かん子は昨日、
たくさんの人のおめでとうに包まれて
(ありがとうございました(৹ᵒ̴̶̷᷄﹏ᵒ̴̶̷᷅৹)♡)
また一つ歳を重ねました
もう結構なお年になりました゚.*❁

そんな父とのお話なんかもできたらなあと
思います
お時間合う方ぜひお話聴きに来てください(,,ᴗ ᴗ,,)

お申し込みはこちらから
https://tayori.com/form/6bbaeb2163036b7ec64f0641a325623202851c86/

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    氷が溶ける